LCCは国内旅行の主流になりえるのか

格安航空券が当たり前になりつつある昨今において、格安航空会社であるLCCが登場し、会社数や便数も増えてきました。
とはいえ格安航空会社とは何か?格安航空チケットとどう違うのか?
今後の国内旅行における主流になれるのか?様々な点から考えてみましょう。

格安航空会社とは何か

格安航空チケットの登場によって、航空券の価格が安くなりました。飛行機の利用が増えて航空業界が活性化することは、経済的にも好ましいことです。
とはいえ結果的に近年は薄利多売状態に陥っています。そして潰れる航空会社があったり、合併も頻繁に行われています。
そんな中で頭角を現してきたのが、格安航空会社です。
JAL航空券、ANA航空券、SFJ航空券といった正規航空会社が販売する航空チケットの一部を格安にするのではなく、チケットすべてを格安にする!思い切った戦略です。
1便の乗客がすべて格安航空チケットを使っている!それを実現したのが、格安航空会社です。


SFJは格安航空会社か

ちなみにSFJ(スターフライヤー)は格安航空会社なのか?
格安チケットを提供していますが、各種の機内サービスを無料で楽しめます。
設立の経緯からみても、現状において正規航空会社の範疇に入るのでしょう。

何故すべて格安にできるのか

とはいえ何故すべてを格安にできるのか?
それは徹底した低コスト経営にあります。
例えば飲食物など機内サービスは全て有料!預ける荷物もキログラム単位でお金を徴収する!言い換えるなら、別の部分から収入源を見出す!
いわゆるサービス残業的な部分をなくし、残業代をもらいます!そういう発想の転換です。
日本で格安航空会社の進出が遅れた理由は、この点を日本人が受け入れがたかった?からのようです。
また飛行機は贅沢するもの!そんなイメージもあったでしょう。
一方で機体1機当たりの効率性を高める!
具体的には、空港における駐機時間を短くすることにより1日当たり飛行距離を伸ばす!それには掃除や備品の入れ換えをスムーズにする。こちらは新幹線の掃除方法?応用できたのかもしれません。
日本的な発想もありそうです。

旅行の目的は何か

そもそも旅行の目的は何か?
名所を巡るツアーなど見聞を広めることがあります。
ならば格安航空会社を使って合理的に楽しむのも一法です。
とはいえ旅行ではリラックスしたい人もいるでしょう。
コストを抑えたいので格安航空チケットを利用する!
つまり乗ったら他の人と同じ!機内サービスが受けられるからです。旅行の目的は多様化しています。

旅行の主流になりえるのか

格安航空券国内旅行が主流になりえるのか?
それは有料機内サービスというデメリットを超える格安さを提供できるか?また予約のしやすさにかかっているでしょう。
安いから仕方ないよね?お客様に思ってもらえるか否かです。
とはいえ安全性は別問題!この天秤をどう釣り合わせていくか?今後の発展に期待が高まっています。

Copyright(C)2015国内旅行するなら格安航空券を使おう!オススメのLCC情報公開!All Rights Reserved.