格安航空券の違いは何か

- 格安航空券の違いは何か

格安航空券の違いは何か

新しいこともあって、格安航空会社であるLCCには誤解も多いようです。予約はしたけどチェックインする時に揉める?未だにあるようです。
とはいえ各種のツアーにも利用されるなど格安航空会社は知名度を上げています。
そこで格安航空会社と格安航空券との違いを明確にしておきましょう。

航空チケットの値段が多様化している

一昔前なら考えられませんでしたが、昨今では航空チケットの値段が多様化しています。
出発地と到着地が同じJAL航空券、ANA航空券、SFJ航空券であっても時間帯によって値段が違います。
さらに予約した時期によっても値段が変わります。
正規航空会社の窓口で航空券を購入してもこんな状態です。ならば旅行代理店では?もっと複雑になっています。
旅行に慣れていなければ?どれを選べばよいかわからない!
とはいえ選択肢が増えることは好ましいことです。この流れが続いて欲しいものです。

格安航空会社と格安航空チケットの違い

では格安航空会社と格安航空チケットとの違いは何でしょうか?
まず格安航空チケットは、本来ツアー用として旅行代理店に卸していた割引チケットを、個人客へ直接販売するようになった商品です。
当初は裏技的存在でしたが、格安航空チケットを専門に扱う旅行会社の登場によって一気に普及しました。
このような存在は正規航空会社にとって痛し痒し?空席が埋るのは良いですが、一方で薄利多売状態になり経営を圧迫します。
そんな中で現れてきたのが、格安航空会社です。
こちらはすべて格安チケットにする!発想の転換です。
とはいえその分は機内サービスへしわ寄せ?
日本人にとってサービスとは、無料!この概念をひっくり返し、すべて有料にしたのです。
ちなみに格安航空チケットは、チェックインしてしまえば、後は他のお客さんと同じサービスが受けられます。
すなわち格安航空会社と格安航空チケットは、提供する会社自体が違う!値段は拮抗しているのでしょうが、受けられるサービスが違う!


どこに違いを見出すか

まだ格安航空会社は興味本位で見られているでしょう。だから格安チケットも売れている?
しかしAIRDOなどの新規参入者が辿った状況を思い出してみれば?
格安航空会社は格安航空チケットに置き換わるのか?
共存できるのか?両者のどこに違いを見出すか?
特徴をお客様にわかってもらえるのか?
その点にかかってくるのでしょう。

  « 前の記事: を読む  

Copyright(C)2015国内旅行するなら格安航空券を使おう!オススメのLCC情報公開!All Rights Reserved.