国内旅行で利用できるLCCにはどこがある

- 国内旅行で利用できるLCCにはどこがある

国内旅行で利用できるLCCにはどこがある

格安航空会社であるLCCと格安航空券の違いはわかったとして、次の疑問は?
実際に国内の旅行で予約できる格安航空会社にはどこがあるのか?
海外旅行では有名になったところが多々あります。時にニュースで話題となることもあります。
そこで国内において航空券を利用できる具体的な会社について調べてみましょう。

ピーチ・アビエーション

事実上日本初?格安航空会社として2011年に登場したのがPeach(ピーチ・アビエーション)です。
関西国際空港を拠点としており、全日空が筆頭株主です。
名前の通り?桃色の機体が目印です。
関空から新千歳、仙台、成田、松山、福岡、長崎、宮崎、鹿児島、那覇、石垣島などへ飛んでいます。
ANA航空券と如何に共存するかが鍵でしょう。

スカイマーク

格安航空チケットやツアーで著名な旅行会社であるHISの社長らの出資により、1996年に設立されました。
新規参入航空会社としては老舗の存在です。
元々は九州が中心でしたが、現在は新千歳、羽田、茨城、名古屋、神戸、米子、福岡、長崎、那覇などを結んでいます。
一時JAL航空券とも共同運航したこともありましたが、現在は経営的な問題もあり、今後の動向が注目されています。


ジェットスター・ジャパン

オーストラリアのカンタス航空、そして日本のJALが中心となって2011年に設立されました。
テレビCMの影響もありオーストラリアのイメージが強いようです。
国内線は新千歳、成田、名古屋、関空、松山、高松、福岡、大分、熊本、鹿児島、那覇などを結んでいます。
国際線とのイメージを如何にして払拭するかが問われています。

バニラ・エア

世界的に有名だったエアアジアがメインとなったエアアジア・ジャパンとして2011年に設立されました。
しかし日本人的な発想と異なった?現在はANAの完全子会社となり2013年12月、バニラ・エアとして運行を開始しました。
成田を中心として新千歳、奄美大島、那覇を結んでいます。
今後はどこまで路線拡大できるか?でしょう。

春秋航空日本

中国の上海を拠点にしている航空会社です。
日本への直行便は当然ですが、日本国内便には、成田から広島、高松、佐賀行きなどがあります。
中国旅行を含めて考えた場合には、選択肢となりそうです。

スターフライヤーは?

北九州空港をハブとして2002年に設立されました。
とはいえSFJ航空券は正規の航空チケットとして扱うのが現状において正しいようです。

  « 前の記事: を読む  

Copyright(C)2015国内旅行するなら格安航空券を使おう!オススメのLCC情報公開!All Rights Reserved.