LCCは本当に安全なのか

- LCCは本当に安全なのか

LCCは本当に安全なのか

LCCとは、ロー・コスト・キャリアの略です。
つまりコストが安い!すべての航空チケットが安い!ここから格安航空会社と呼ばれています。
とはいえ低コストの裏側は?安全性が犠牲になっている!多々指摘があります。
海外でもコストカットが原因?疑われるような事故や事件が起きています。
それでも本当に安全なのか?こちらを検証してみましょう。

新しい機体を使っている

格安航空会社は、新しく設立されたこともあり、新しい機体を使っています。
また航空券の値段を下げるために経済性の優れた最新機種を使用しています。
JALやANAでも既にジャンボジェットは就航していませんが、20年以上利用し続けている機体は珍しくありません。
そういう意味でも、格安航空会社の安全性は、他に比べて相対的に高いと言えるでしょう。

コストカットの神話

コストを下げれば質が落ちる!安かろう悪かろう?そんな神話がありそうです。
とはいえそれは高度経済成長期の話です。
現在もそれでは、誰も見向きしません。
100円ショップも安いだけでは、あれだけ繁盛しません。
もちろん低コストに伴う不満もあるでしょう。
そこから正規のANA航空券、JAL航空券、SFJ航空券や格安航空券に戻る人たちもいます。
一方で経営を科学的に考える風潮が、ビジネス界で一般化しています。
安全性を無視したコストカットは時代の流れではありません。まさしく神話なのです。

パイロットの資質

海外で事故が起きたように、格安航空会社ではパイロットの資質が問われています。
電車や車などは歩いて逃げることができます。船でも泳いで逃げることはできそうです。しかし空中では?パイロットにすべてを委ねるしかありません。
もちろん給料が安ければ、それなりのパイロットになるのかもしれません。
とはいえかつてアルバイトのキャビンアテンダントは一生懸命尽くしてくれた!
パイロットも空の仕事に誇りを持っています。それを信じても間違いではないでしょう。


ツアーに参加してみる

食わず嫌いはよくありません。文句を言う人は?格安航空チケットとの違いを知らず、実際に経験していない人です。
まずは格安航空会社のツアーを予約して参加してみましょう。
そして会社毎に工夫されている安全性を体験してみましょう。
旅行で一番大切な安心やくつろぎも実感できるでしょう。

  « 前の記事: を読む  

Copyright(C)2015国内旅行するなら格安航空券を使おう!オススメのLCC情報公開!All Rights Reserved.